12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
スティーブ・ジョブズ I
スティーブ・ジョブズ I (JUGEMレビュー »)
ウォルター・アイザックソン
取材嫌いで有名なスティーブ・ジョブズが唯一全面協力した、本人公認の決定版評伝。
RECOMMEND
RECOMMEND
ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ (JUGEMレビュー »)
トニー・ブザン,バリー・ブザン
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
ツールを纏めなかないと。
ツールを纏めておかないといつもGoogleでになりますので。


積み重ねていきます。

shi-n | 学び | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コードカバレッジツール : EclEmma
コードカバレッジツールです。
Eclipseのプラグです。

EclEmma

Eclipse上で実行し、カバレッジを計測してくれます。
また、結果をマージできるため、一度で全てを完了させる必要がなく便利です。
コードを変更すると戻る場所がありますので、再度実施しれば良い。

以前に使っていたのですが、最近また使おうかと。
バージョンも新しくなっているので。

便利です。

shi-n | 学び | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Java API一覧
Googleで毎回検索するのもなんだし、Bookマークもいいのですが、一覧で見れるのが好きなタイプないので、纏めています。


shi-n | 学び | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NetBeansのショートカットとテンプレート一覧
NetBeansのショートカットとテンプレート一覧

NetBeansの「ヘルプ」-「キーボードショートカットカード」

PDFファイルが開く。

キーボードショートカットとコードテンプレートがみれる。
デフォルトね。

以外としらないことが。

PDFファイルなので取り出して、iPadにいれて、いつでも横で参照出来る様に。

こういうときにタブレットはさらに便利。

shi-n | 学び | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
電子書籍を一覧(更新随時)
電子書籍を一覧。(更新随時)
iPad & iPhone使用が想定ですが・・・。

shi-n | 学び | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
「新春座談会 このコンピュータ書がすごい!2012年版」に行ってきました。
「新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2012年版」に1/14行ってきました。

池袋のジュンク堂という書店で開催されました。
ジュンク堂には初めて行ったのですが、技術書フロアは素晴らしい。
天国でした。
古いものから、新しいものまで、ジャンルもそりゃ〜。

新宿の三越店は何度か行ったことあるのですが、こちらも凄いです。
(先ほどまで書店名は知りませんでした・・・。同じジュンク堂と気づきました。)

トークセッションは各月のランキング、その他。
沢山の量の書籍を紹介して頂きたので、いろいろ吸収出来ました。
読んだもの、書店に並んでいて知っているものも多々ありましたが、
知らない(気にしていなかった)書籍も多々あり良かったです。

書籍名はあっているかわかりませんが、トークセッション中にメモした
キーワード(書籍名のはず)は下記です。

・コンピュータの構成と設計
・javaスクリプトパターン
・NoSQL
・html5+css webcreaters
・coders at work
・アジャイルサムライ
・七つの言語 七つの世界
・ソフトウェア設計の授業
・サーバーサイドJavaSqript
・making software
・Amazonランキングの謎を解く
・itエンジニアの英語

アジャイルサムライは翻訳者の方が来ていましたね。

来年もあるのであれば、行きたいと思います。
量があるので、半年に1回くらいでも良い気がしますが。

楽しい時間でした。

shi-n | 学び | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
電子書籍一覧
電子書籍を一覧にしてみました。


こんなにあるんですね・・・。まだあると思うので、追々更新します。
纏まってほしい・・・。

ソフトウェア開発抜粋はこちら。


どこで何を買ったか、管理しないと、迷子に・・・。

shi-n | Comment | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
iBatis 現在はmybatis
調べの纏めです。

iBatis

現在はmybatis


◇iBatisドキュメント

  ・iBATIS SQL Maps チュートリアルFor SQL Maps Version 2.0

・Data Mapper(a.k.a SQL Maps) Version 2.0 Developer Guide

shi-n | 学び | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
電子書籍元年はいつ??2012年がなる事を願って。
私はiPadで電子書籍(購入した物、自分でスキャンした物)を持ち歩いています。
持ち歩きたい為、沢山の書籍を電子化(自分でスキャン)している。
紙の書籍が嫌いな訳ではない。沢山持ち歩ける便利さが欲しいだけ。

自炊(スキャン代行)業者を相手取った著作侵害等々のニュースを多々聞くが、それは理解できるし、作者、制作者は守らないといけない。

だが、

音楽の電子購入は大分よくなったが、電子書籍は過去書籍が発売されるかも分からないし、新作も同時発売ではなかったり、発売日も分からない状態であり、発売サービスも沢山あり、独自アプリなので、管理が大変である。
紙版で購入し、2週間後や数日後に電子版が発売されると、結構ショックである。

そうなると、

購入したものを電子化する。
過去に購入した書籍は、出るか分からないため、電子化する。
特に私は技術書籍をたくさん購入するので、必要な場面で必要な書籍は、日々違う。
全て持ちあることは出来ない。
結果、電子化することで、最高のメリットを受けている。
電子化する手間はデメリットだが、メリットにはかえがたい。
自炊業者への著作侵害のニュース内には、電子版も発売しているのだからと言っている(ニュースで読んだだけなので事実は分からない)が、
そんなに言っているほど発売されていないと感じるし、発売されるのかも分からない。
早急に電子化をすれば、こんな問題はなくなるのではないかと思う。

日本での電子書籍元年はいつなのだろう????
2012年がそうである事を願います。

AppleがiTunes Storeを展開したのと同様に。
大胆に、迅速に、拡大する事が大切だと思う。
紙は紙で大切だと思うし、それにまつわる業者の人もいることは理解している。紙は紙でなくならないと思う。紙であるべき書籍もあると思っている。
タブレット機が出ているこの世の中、電子化はさけては通れないと思う。
パソコンが世の中に出てきた事によって、なくなった仕事もあるはず。
それと同じだと思うし、それが次の世界へ進む循環なのだと思う。

私的には電子書籍がもっと使いやすい状況になったらと考えているまでです。




shi-n | Comment | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Java 変数のインクリメントスピードテスト
変数のインクリメント性能比較です。

「インスタンス変数」vs「クラス変数」vs「ローカル変数」。
数回さないと性能差は表れにくいです。
環境(参考) Core i5 2.30GHz 8GBメモリ NetBenas上

【結果】
speedtest1 : 12ms : インスタンス変数
speedtest2 : 11ms : クラス変数
speedtest3 : 3ms : ローカル変数

ローカル変数でカウントし、結果をインスタンス変数やクラス変数に代入した方が速いようです。


【ソース】
public class SpeedTest {
    private final int MAX = 100000000;
    private int cnt;
    private static int cnts;

    public static void main(String[] args) {
        SpeedTest st = new SpeedTest();
        st.speedtest1();
        st.speedtest2();
        st.speedtest3();
    }
    
    private void speedtest1() {
        long start,end;
        start = System.currentTimeMillis();
        cnt = 0;
        for(int i = 0; i < MAX; i++) {
            cnt++;
        }
        end = System.currentTimeMillis();
        System.out.println("speedtest1 : " + (end - start) + "ms");
    }

    private void speedtest2() {
        long start,end;
        start = System.currentTimeMillis();
        cnts = 0;
        for(int i = 0; i < MAX; i++) {
            cnts++;
        }
        end = System.currentTimeMillis();
        System.out.println("speedtest2 : " + (end - start) + "ms");
    }

    private void speedtest3() {
        long start,end;
        start = System.currentTimeMillis();
        int add =0;
        for(int i = 0; i < MAX; i++) {
            add++;
        }
        cnts = add;
        end = System.currentTimeMillis();
        System.out.println("speedtest3 : " + (end - start) + "ms");
    }

}

shi-n | 学び | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/65PAGES | << >> |